食べて、飲んで、作って、たまに自転車


by hibiki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:自転車( 97 )

粟ヶ岳ヒルクライム

またしても会社の方に誘われて粟ヶ岳へ。

前回ほどではありませんでしたが、それでも
20名を超えるメンバーが集まり良い感じで
楽しめました。
f0169012_0272146.jpg

f0169012_0274558.jpg



ただ今回は脚の感触が今一つだったので
タイムはあまり重視せずにテーマ練習。
取り合えずインナーロー固定+シッティング縛り
でフォームを崩さない事を心がけて丁寧な
走りを目指します。

とはいっても平均9%近い坂なので後半は
バテ気味。
上半身をもっと上手に使わないと無駄な力が
掛っていまう事がよくわかりました。

とりあえずタイムは20分38秒と前回の30秒落ち。
次にチャレンジする時は、多分20分は切れる
でしょう。
でもこのコースのレコードは14分半くらい。
反重力装置でも装備してるのではないかと疑います。(笑

f0169012_0284114.jpg

本当ならもう少し空気が澄んでくる季節ですがまだまだ。
空の様子もまだ夏を色濃く残しています。

f0169012_0294096.jpg

山頂の茶屋さんにて。いつもお世話になっております。
[PR]
by adr_97jp | 2010-10-19 00:30 | 自転車

タイヤ交換

当たり前なのですがタイヤも消耗品。
5月4000㎞以上走こんな感じになってしまいました。

f0169012_23471723.jpg

今までチューブラーしか乗ってなかったのでタイヤの「皮」がこんなになるのって新鮮。

同じ銘柄のタイヤに交換したのですが、新品って中央に
溝が切ってあるのですね。すっかり忘れてました。

新しいタイヤにも頑張ってもらいます。
(でももう少し早めに交換します。)
[PR]
by adr_97jp | 2010-09-21 23:49 | 自転車
実家に帰るとついつい両親の好意に甘えてしまい、ゴロゴロと
過ごしがちになってしまうのですが、さすがにそれではまずいと
思い立ち、松江市内を散策しようと実家の自転車を借りてみました。

そして嬉しい事に実家の自転車はYAMAHAのPAS。
いわゆる電動ママチャリですがモーターはちゃんと漕ぐ力を半分
担当してくれるのでちょっとした上り坂など重宝します。
でも電動チャリ、じゃなくてハイブリッド自転車の方が格好いいのに
なぜその名前で広がらなかったんでしょうね。

松江城、松江温泉、一畑電鉄(最近映画の題材になったらしい)を
見物した後は宍道湖大橋を渡って嫁ヶ島へ。

その後は9号線を東に向かい、国引き大橋で実家に戻るのが一番
正しいルートだったのですが、ちょうど追い風になっていたので
ついつい脚を伸ばしてしまいました。

私の故郷、松江は水郷と呼ばれる町で、町の中央に大橋川という河が
流れています。
宍道湖と中海をつなぐ河なのですが、松江市を南北に切り離してしまって
いるので松江には町のサイズには似合わない大きな橋がいくつも
掛っています。

一番宍道湖側の橋が宍道湖大橋。大昔は確か有料の橋でした。

その次が大橋、新大橋。そして国引き大橋と私が松江にいたころは
この4つが大橋川にかかる大きな橋でした。
ですがもっと広域の交通の便を良くしようとその後大橋川が中海に
注ぐ地点に中海大橋という橋が新しくかけられ、中海大橋と国引き
大橋の中間にももう一つ新しい橋がかけられようとしています。

他の場所なら1つの川に何本橋を架けるんだ?と怒られそうな話ですが、
公共交通機関が発達しておらず、自家用車での移動が当たり前で
一家に数台の自家用車を保有しないといけない松江特有の事情だと思います。

で、中海大橋の姿がこちら。
f0169012_0504018.jpg

すみません、写真は拾いもので朝日だそうです。
なかなか美しいアーチではないでしょうか?
ちなみに大型の船が通る事を想定してかなり高さを稼いでいるため、
平均勾配は7%だそうです。

どうでしょう、登ってみたくなりませんか?(笑
実家に帰るたびに気になっていたので、ついに今回この橋にチャレンジ
してきました。
f0169012_0554662.jpg

我ながら馬鹿じゃん、と思いつつ記念撮影。
右側のミラーが良い感じを醸してます。

この橋をクリアしても、その後の農道もそこそこのアップダウンなので
あえて電源スイッチは入れずに単なる重いママチャリの状態でアタック。
途中でギブアップするかも、と心配していましたが、内装3段の軽いギヤ
のお陰でちゃんと登りきる事が出来ました。
f0169012_101458.jpg


結構見晴らしも良く、頑張った甲斐がありました。

今度帰省するときはロードバイクを持ち込んで大根島経由で大山を
登ってみたいですね。
[PR]
by adr_97jp | 2010-09-11 00:56 | 自転車

8月の総走行距離

連休があり、本来なら距離を稼ぐ事が出来そうな8月でしたが
週末に体調を崩したりしてしまい結果は703㎞と大幅な目標未達。

9月はまだ残暑が厳しいですがもう少し頑張らないといけません。

ちなみに妻のお友達の旦那様、先の週末は土曜に鈴鹿、日曜に
乗鞍と日本で1,2を争う自転車イベントに続けて参戦なさったとの事。

真似をしようとは思えませんが、遠い目標にはしたいと思います。
ともかく精進精進。
[PR]
by adr_97jp | 2010-09-01 01:33 | 自転車
2泊3日の信州もついに最終日。

当然〆はヒルクライムを、とO様が誘ってくださったのは
このレースのコース。

http://asama-cycling.joho-hiroba.org/
スタート地点が970m、ゴール地点が1973m、走行距離12㎞の
本格的なヒルクライムコースでした。
なんでも国内では2番目に厳しいのではないかと言われている
コースだそうです。

こんなコースに、佐久のご自宅からは10㎞程度で到着するなんて
本当に信州はヒルクライム天国。
身体さえ持てば午前と午後でそれぞれ1000m超の登りを体験
出来そうでした。

とはいってもサボり気味の身体に平均8%の勾配がやさしい訳も
なく、走り始めて2kmでO様には千切られ一人旅。
edgeで勾配を確認しながら走り方を考えると、どうも今の
バイクのセッティングでは7%を超えると大きく余裕がなくなって
しまう様子。
なのでわずかに存在する緩斜面で何とかタイムを稼ぎ、断続する
10%では我慢のクライム。
二桁台の斜面でもう少しタイムを削るには、やはりコンパクトが
必要だと実感しました。

それでも這うようにして登り続け、1時間14分でゴールに到着。
満足は出来ないタイムですが、「出し切った感」は十分でした。
f0169012_2219397.jpg


f0169012_2219383.jpg


欲を言えばもう少しだけガスが晴れてくれれば。
まあ土砂降りではなかっただけでも感謝です。

追伸
私たちはこの日に長野を離れたのですが、休みをずらしてその後も長野に
滞在されていたO様、どうやら更に修行を積まれてこのコースで1時間切りを
達成されたご様子。
やっぱり来年からは一人で登ります(笑
[PR]
by adr_97jp | 2010-08-23 22:02 | 自転車
美味しい信州みそラーメンを食べていたところ、O様から
連絡があり、午後時間を作る事が出来たので一緒に走りましょう
と嬉しいお誘いがありました。

とりあえず軽めに、という事で向かったのは軽井沢。
佐久からは20㎞も離れておらず、夏場でなければ車で20分程度
だそうです。

今回初めてO様の後ろについて走ったのですが、後ろ姿の脹脛をみた
瞬間、軽い運動で済まなさそうな予感。
だってその脹脛は奇麗にエッヂが立った(カットが入った)まさしく
アスリートのものだったのです。

途中までは先刻ラーメンを食べに行った道。
でも一人のとき20km/h程度で走っていた道をO様は30km/hオーバーで
ガンガン曳いて行きます。
データが残っていないのですが、確か3~4%の登りのはずだった
のですが…。

心底ラーメンの汁まで完食してしまった事を呪いながらレース並みの
心拍で無理やり付いて行きました。

軽井沢のデリカテッセンでお互いの妻と合流した時はもう売り切れ状態。
f0169012_23442130.jpg


しばらく休憩して息を整えると、またO様からお誘いが。
「ここからちょっと登った先に、力餅の店があるから行ってみない?」

せっかくですのでかなりやせ我慢しながらご一緒させて頂きます。

ただここから先、というのがかなりな曲者で、いきなり10%を超える
勾配の連続でした。
さすがに付いて行くことが出来ずに千切られてしまい、細くて厳しい峠道を
ひたすら登る事20分。やっと頂上にたどり着きました。
f0169012_23493847.jpg


知らぬ事とは恐ろしいもので、まさか自分が碓氷峠を登っていたとは
ここに着くまで知りませんでした。
中山道最大の難関と言われた場所、きつい訳です。

創業300余年の元祖しげのやさんで頂いた力餅は辛味大根でシンプルな
味付け。でも餅は大根おろしで頂くのが一番好きなので美味しかった。
f0169012_2352241.jpg


そして身体をクールダウンさせるのにはこちら。
f0169012_2353977.jpg


力餅氷、です。
氷自体が美味しいのと抹茶の香りも良く、観光地で食べた氷の中では
一番。
ガスがかかっていて眺めを楽しむ事は出来ませんでしたが歴史を感じる
道を通る事が出来て本当に良かった。
しかも望外に群馬の地まで踏む事が出来ました。

人ごみでごった返している軽井沢銀座からわずか30分でこんな場所に
来れるとは思っていなかったので新鮮な驚きです。
ここまで連れてきて頂いたお陰で本日の走行距離は130㎞。
獲得高度1500~1700m。

本当にありがとうございました。
[PR]
by adr_97jp | 2010-08-20 23:46 | 自転車
夕食に美味しい焼き鳥とホルモンをお腹いっぱい食べた
翌朝は5時に起きて一人で自転車タイム。

家族の事は置いておき、信州を堪能です。

ただ丁度雨が降っていたのでしばらく出発はお預け。
スーパー雨男の本領が発揮されてしまいました。

6時を過ぎるとほぼ止んで来たのでやっと出発。
先ずはO様お勧めの白樺湖を目指します。

佐久の良いところは少し走ればいくらでも超級の峠道に
アクセスできる事。
今回は女神湖経由で白樺湖を目指しましたが、20㎞も
走ればヒルクライムのスタート地点に立てます。

そして始まるのは平均7%、走行距離16kmのヒルクライム。
ゴール地点の女神湖は標高1560mにあります。

スタート地点の佐久が700mですから途中のアップダウンを
入れれば獲得高度は1000m。
往復しても70㎞しかないので浜松近辺がいかに平坦なのか
よくわかりました。

事前にお聞きしていた通り、10%クラスの坂を6%程度の
坂でつなげていく、まったく脚を休ませられないコース。
スノーシェードのある区間では最大14%まで勾配がきつく
なっていました。
しかも脚が売り切れた頂上近くでは向かい風まで吹いてきて
坂道の神様の意地悪に感謝です。

結局16kmを1時間少々でクリア。
なんとか女神湖には到着したのですが、天気の女神さまは
微笑んでくれずこんな状況でした。
f0169012_263874.jpg


雨脚が強くなってきたので白樺湖は断念し、ここから折り返し。

ちなみに女神湖にいたる峠、名前は「雨境峠」と言うそうです。
まさしくこの峠を越えるあたりから雨が強くなってきたので
良くぞ名付けた、と感動。

しかもこの峠、縄文時代から当時の人々が越えて行く交通の
要衝で、峠の神様を祭る祭祀跡もあるそうです。
全く知らずに登って行ったのですが、思いがけず歴史を感じる事が
でき、私も古代の人に習って道中の安全を祈願いたしました。

お陰さまで無事に帰宅出来たのですが、本当に残念なことに
ガーミンの走行ログが飛んでしまっていました。
せっかく面白そうな坂道を走ったのに・・・

きっと来年、再チャレンジとなるでしょう。
[PR]
by adr_97jp | 2010-08-20 02:11 | 自転車

連休の〆は

先ほど帰宅したのですが、連休の〆はこんな所やあんな所に。

f0169012_21543316.jpg


f0169012_21552357.jpg


f0169012_2156242.jpg



ぼちぼちアップして行く積りです。
[PR]
by adr_97jp | 2010-08-15 21:56 | 自転車

ブルベの誘惑

私は自転車で通勤しているのですが、もちろん同じ会社で
他にも自転車を楽しんでいらっしゃる方がいらっしゃいます。

宮古島やドイツでの鉄人レースに参加なさるトライアスリート
がいらしたり、ヒルクライムレースでポディウムの常連の方も
いらしたりします。

同方面で通勤時間帯が重なる方だと曳いてもらったり少しは
曳いたりとちょっとしたチーム練習風に通勤したりもする事が
あるのですが、良くご一緒する方が今日に限ってエンジン付きの
バイクで通勤していらっしゃいました。珍しい。

お声をかけると
「ちょっと自転車に乗りすぎたので・・」なんておっしゃいます。
富士のチャレンジ200㎞を余裕で完走される方なので恐る恐る
聞いてみると
「糸魚川に行ってきた」とのこと。

さすがに真夏に日本海から太平洋まで300㎞を超えるコースは
きついですよね、と聞くと
「往復だったから」と涼しい顔。

結局2日間で700㎞以上!走ってこられたそうです。
私も名古屋まで日帰りで走った事はありますがせいぜい210㎞。
しかも基本はド平坦。しかも翌日は会社を休みました。
それなのに日本海から太平洋まで行って、更に又日本海まで帰るなんて
想像さえ出来ない世界です。

自転車競技にはツールを頂点とするロードレースと、長距離サイクリングを
ベースにしたブルベなど様々なスタイルがありますがどのスタイルの競技に
しても、それをこなすサイクリストの皆様の力には感服いたします。

来年どう?と聞かれましたが片道なら何とかなるかなあ、と考えて
しまう自分が怖いです。(笑
[PR]
by adr_97jp | 2010-08-02 23:31 | 自転車

7月の総走行距離

今回は目標達成して1148km。

体調不良の時期もありましたが天候が安定していたので
少なくとも距離は稼ぐ事が出来ました。
自転車通勤に感謝です。

でもクリートが寿命を迎え、新品が届くのに時間が
掛るので(古いlook)、新しいペダルを導入する
ことになりました。

一番最初に乗っていた、借り物のトライアスロンバイクから
ずっと使っていたペダルですがついに退役です。
初代から3代目まで、3万㎞以上を一緒に過ごしたペダル。
何度も転倒させてしまい塗装もボロボロになりましたが
愛着のある品です。

もしかすると妻が使う可能性が残っているので大事に
とっておきましょう。
長い間本当にありがとう。

f0169012_6161398.jpg

[PR]
by adr_97jp | 2010-08-01 06:16 | 自転車